おでんのイメージ
御殿場市(ごてんばし)は、静岡県の東部に位置し、富士山周辺や箱根観光への交通拠点の高原都市である。気候は標高が高いので冷涼で降水量が多い。

おすすめ情報

    御殿場概要

    御殿場市は富士山のふもとにあり市街地の標高は250m - 700m(市役所は450m)ぐらいである。気候は冷涼多雨で年平均気温は12.9℃、年平均降水量は3433mmとなっている。湿度が高く霧が発生することも多い。冬は静岡県内の都市では珍しく寒さが厳しく雪が降ることが多い一方、夏は涼しく熱帯夜が観測されたことはない。なだらかに傾斜した土地は主に水田などに利用され、のどかな景観をつくっている。

    富士登山の拠点として栄え、1889年(明治22年)の東海道線(現御殿場線)開通以降は避暑地としても発展した。東名高速道路開通で工業の進出も盛んになった。

    1912年(明治45年)には陸軍が演習場を開設し、軍隊の町という性格も帯びるようになった。現在も陸上自衛隊の3つの駐屯地(板妻、駒門、滝ヶ原)と本州最大の演習場である東富士演習場、また、在日米軍海兵隊のキャンプ富士地区があり、市域の3分の1が防衛関連で利用されている。

    避暑地としての性格も健在で、市内にはゴルフ場が点在し、三井住友VISA太平洋マスターズの大会が毎年開催される。また、日本最大級のアウトレットモールである御殿場プレミアムアウトレットがある。

    お気に入り